読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間の皆さんへ

わたしのことを書きます。全て趣味の宣伝活動ですので、広告収入等は受け取っておりません。

大和京介は今どこに居るのか

空前絶後のアニメやゲームの舞台化ブーム、2.5次元ミュージカル協会の設立、現代において「若手俳優」と括られる彼らは、今日も大勢のファンを魅了し続けている。そんな「2.5次元文化」の中心人物に、わたしの「若手俳優としての最後の推し」が居た。


--


そもそもどうしてこんなにも、舞台界隈における2.5次元文化が流行したのかと言うと、殆どの人が予想している通り「売れるから」以外の何物でもないと思う。制作会社にしろ事務所にしろ、会社である以上儲けることが一番の目的であるし、どれだけファンが複雑な感情抱こうとも全くの関係の無い話なのである。


濁すとわけがわからなくなるので個人名で書かせてもらうが、前述した元推しの人物とは、佐藤R司さんである。佐藤さんのお仕事の1つに、「アイドルステージ」と呼ばれる特殊な舞台があった。ざっくり言うと、佐藤さんが架空のアイドルを「演じている」舞台なのだが、その考えはドルステ界隈における一番のタブーで、佐藤さんが演じているアイドルと、佐藤さんは「親友」という絶対的な世界観がある。この世界観を説明するだけではてなブログが埋まってしまうので、公式のQ&Aを抜粋させていただくと、


Q.パンフやブログに出演者の名前がないのですが…


A.アイドルステージ「プレゼント◆5」には、“舞台にてキャラクターを演じる出演者”という概念はございません。(公演概要ページ等、例外あり)。

作品内のアイドルたちは「現実に存在している」前提のもと、舞台における二部のライブ、Twitterやブログなどを公開させていただいております。

大人の「ごっこ遊び」を、出演者の皆様と共にお楽しみいただけますと幸いです。


…とのことである。ファンの間でAW(アナザーワールド)と呼ばれるこの世界観はとにかく説明がややこしいのだが簡潔にまとめると、佐藤さんが演じた大和京介というアイドルは「役柄」ではなくこの世に存在するアイドルで、佐藤さんはヤマトくんの「お友達」ということなのである。


--


2015年10月15日、ヤマトくんがリーダーであるアイドルグループ「プレゼント◆5」はそれぞれ別々の道を歩むことを発表した。泣きすぎて死ぬんじゃ無いかってくらい泣いて、終演後に色んな友達がわたしの元に一目散に走ってきて心配してくれて、地元の駅について家に帰るのに徒歩15分のところを道に迷って1時間かけて帰った。ぷれごが自分の人生そのものであったわたしにとって、それくらい衝撃的であった。


ただ、ぷれごが本格的に活動が停滞した2015年1月から次のライブが発表された8月までの音信不通期間があまりにもあまりにもあまりにも地獄すぎて、「解散したこと」自体に対する感情は悲痛でも苦しみでもなくて、至って冷静で安らかなものだった。むしろ、無慈悲な終わらせ方をされたアイドルステージ第1弾よりも、ずっとずっと恵まれた「最後」であったので、ありがとう、今までありがとうという気持ちでいっぱいだった。(アイドルステージ第1弾に関してはとてもじゃないがわたしが語れる立場では無いので割愛させていただくが、絶対に知っておいてほしい。彼らがこの世界にいたことを、彼らを愛した方々がいたことを忘れないでほしい。)



別々の道を歩む、それは、ぷれごの「お友達」にとっては、俳優さんとして、声優さんとして、さらなる活躍への大きな一歩であった。演者というお仕事を続けていく上で、約3年前に始動したシリーズを終了させることは、彼らにとって有益であると充分に理解できていたので、本当に安らかな気持ちであった。


ぷれごが別々の道を歩んだのと同じ月の月末からは、ぷれごのお友達の佐藤さんと大平さんが出演される刀ミュのトライアル公演が予定されていた。勿論佐藤さんのファンであったわたしは激戦のチケットをなんとか必死にかき集めそれなりの枚数を準備し、公演に臨もうとしていた。そんな矢先にぷれごが解散し、それから5日経ったある日である。刀ミュトライアル公演初日の約10日前、突然公式のホームページに「舞台構成」についての記事が追加された。


ミュージカル刀剣乱舞は、前半は芝居パート、後半はライブパート。ペンライトやうちわの持ち込み可。とのことだった。


わけがわからなかった。本当にわけがわからなかった。アイドルステージ第1弾から続く、アイドルステージがアイドルステージである最大の特徴とも言える「舞台×ライブ」という舞台構成を、同じ社内とはいえ流用されることが、本当に、本当にわけがわからなかった。そもそも何故刀の擬人化に対してうちわやペンライトをふるのか、そもそも何故このタイミングで発表するのか、わけがわからなかった。音もなく裂け開いたままの痛みも感じなかった生傷に、突然粗塩を塗りたくられたような、その舞台構成の発表を見た瞬間、5日前にぷれごが解散した理由が「ミュージカル刀剣乱舞のためなんだ」というあまりにも単純すぎる思考と結論に至ってしまった。


冷静になって考えたらそんなわけないのはわかりきっているのだが、タイミングが、出演者が、なにもかも、10月15日に起きたことに対して直結してしまって、パニックを起こしたわたしはかき集めた最前含む刀ミュのチケットを全て譲渡に出した。初めて佐藤さんのお仕事に一度も行かなかった。初めて佐藤さんがインタビューされている雑誌を買わなかった。刀ミュを自分の中から消し去り、佐藤さんのお仕事の一部を欠落した状態でファンを続けていこうとした。


勿論、無理であった。自分の買っていない刀ミュ特集の雑誌で佐藤さんは知らない意見を述べている。刀ミュの有料公式ブログでは知らない佐藤さんの写真があがっている。熱狂的なファンってのは不思議なもので、あれほどまでに必死に追いかけていたはずなのに、ちょっとでも自分から知ろうとしないだけで、ここまでに冷めきってしまうのだと、本当に不思議であった。


完全に降りたわけではなく、その後もストレート2.5関係なく刀ミュ以外の現場には毎回足を運んでいたが、佐藤さんを観に来ているはずなのに、どこか第三者ようなフワフワとした目線であった。ただ、佐藤さんが必死にお稽古をされてお仕事に励まれているのは演技から充分伝わっていたのだが、あまりにも刀ミュのお仕事を最優先で考えてるようにしか思えなくて、つらくなって、「推し」が頑張ってる姿を応援したくないのに何故現場に行くのだろうかと哲学的な考えに至って、頑張ってた過去の自分の姿を思い出してさらにつらくなった。


最初の写真集のイベントで、佐藤さんはマルチに活動したいと仰っていた。今年のインタビューで、2.5次元のトップに立ちたいと仰っていた。わたしが佐藤さんを応援し始めた頃、高校の制服のまま劇場に通っていた頃、「この人は他の人とは違うオーラを持っている。舞台俳優というくくりで終わる人じゃない。すごい人なんだ」と盲信しきっていた。なにがわたしはいけなかったのか、なんであんなに好きだったのにここまで冷めきってしまったのか、あの日刀ミュのチケットを譲渡に出さずに素直に劇場に向かい佐藤さんの演技に魅了されていれば、2.5次元というお仕事に真剣に取り組み成長されるお姿を目の当たりにしていれば、まだずっと好きで入れたのかもしれない。誰がこのブログを目にしてるのかわからないが佐藤さんのファンの方はいい加減腹が立ってくると思う頃だが、この約一年的まともにインタビューも何も目にしてないので本人の意思や思想、目指したいものが全くわからないので許してほしい。


--


刀ミュの大成功に影響されたのか、「舞台×ライブ」という舞台構成は、社内社外関係なく2.5次元舞台ではよくあるパターンとして定着しつつある。むしろ、2.5次元舞台じゃなくてもペンライトを振る舞台も多い。俳優さんにうちわやペンライトをふり、ファンサをされ、観に行くのではなく見られに行くのが当たり前の世界になっている。アイドルステージがアイドルステージである最大の特徴が、当たり前のように、原作のある2.5次元舞台で利用されている。制作側がドルステの存在など知らないで舞台構成を組んだことと同じように、うちわやペンライトを振る「若手俳優ファン」もまた、ドルステの存在など知らないのである。


アイドルステージは第1弾から続き現在第4弾まで続くシリーズだが、最大の特徴を2.5次元ブームにむしりとられた今、わたしは本当に心の底から存続の心配をしている。テニスや自転車に出ている若手俳優が原作がある舞台で芝居とライブをやるのと、初々しい若手俳優がオリジナルの脚本で芝居とライブをやるのとでは、客の入る数が全く違うことなど誰しも予想ができることだ。


アイドルステージそのものの知名度の低下により、今現在においてアイドルをお友達だと当たり前のように言い張る「お友達のファン」が殆どである。勿論全く無関係の人にドルステの世界観を押し付けたり強制したりするほど鬼ではないが、せめて推しが最後まで大切に守り抜いた世界くらい理解をしていただけないだろうか。


わたしは佐藤さんのファンであったがヤマトくん推しではないかなり特殊な立場であったのでこのような意見のブログになったが、佐藤さんのファンでなおかつヤマトくん推しであった「赤リボン」さんにとっては、この件は本当にデリケートで辛い案件であると思う。あくまでも全て佐藤さんのファンとしての立場で書かせてもらったので、ぷれごのファン全員が全員わたしと同じ意見ではないし、むしろ共感できる人の方が少ないと断言できる。


アイドルステージに登場する彼らが生きた世界は今どこにあるのか、大和京介は今どこに居るのか。ヤマトくんが「りゅうじくん」と呼ばれるたびに、小さな光は遠のいていくのである。